2年生を対象とした「人権教育講座」・「受験生の話を聞く会」・「地域貢献活動(清掃)」を開催

平成31年3月22日(金)

2年生「人権教育講座」を開催

 本日1校時に、2年生を対象にした「人権教育講座」が開催されました。

 本行事は「本校生徒に対して、障がいのあるなしにかかわらず、集団の中で互いに理解しながら、思いやりの心や、誰もが相互に人格と個性を尊重し認め合う社会性を育み、インクルーシブな学校生活の展開を目指す。」を目的に開催され、神奈川県立保土ケ谷養護学校の先生2名を講師に迎え、「インクルーシブな学校生活を目指す学習会」というタイトルで、お話ししていただきました。
 内容は、
 1.障がいがある人の教育の歴史について
 2.保土ケ谷養護学校のこと。
       横浜平沼分教室のこと。
 3.障がいってなんだろう?
 4.「感覚」の違い
 5.養護学校を卒業した人の進路
 6.インクルーシブな学校生活を送るには
 の、6つの項目で、それぞれの項目について、具体的な事柄を交え、わかりやすく説明していただきました。
 神奈川県立保土ケ谷養護学校の先生方、本日は、ありがとうございました。


受験生の話を聞く会を開催  次に2・3校時に、「受験生の話を聞く会」を開催しました。これは、「大学受験を経験した3年生から、志望校合格までの体験談やアドバイスを聞くことで、生徒がそれぞれの進路第一希望実現に向けて、自らの学習姿勢や日々の過ごし方を考える機会とする。」を目的として実施しました。
 講師は、今月3月に本校を卒業した116期生4名で、公募制推薦および一般受験で合格した先輩方のお話を聞きました。進学先は次のとおりです。
 東京外国語大学・東京学芸大学・立教大学・明治大学<写真の順番は順不同です。>
 小ホールでひとりずつ、約10分程度プレゼン形式で説明をしました。受験を終えたばかりの116期生たちから、いつごろ何をしたらよいかについて具体的にひとつひとつ、自分自身の失敗談も含めて説明がありました。会終了後に、個別に質問する生徒も多く、熱心に先輩の話に耳を傾けていました。


 最後に本日4校時に、「地域貢献活動(清掃)」として本校周辺を2年生全員でゴミ拾いを中心とした清掃作業を行いました。

地域貢献活動(清掃)を実施









 

Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.