1年生を対象とした「卒業生の話を聞く会」・「2学年生徒のスピーチを聞く会」を開催

平成31年3月22日(金)

卒業生の話を聞く会を開催  本日2・3校時、1年生を対象に「卒業生の話を聞く会」を開催しました。これは、「卒業生から、高校時代の受験勉強から大学進学までの体験談やアドバイス等を聞き、進路第一希望実現に向け、学習や高校生活等について再考する。」を目的として実施しました。
 講師は、昨年3月に本校を卒業した115期生6名で、今年度も指定校推薦、公募制推薦および一般受験で合格した先輩方のお話を聞きました。進学先は次のとおりです。

 横浜国立大学・横浜市立大学・一橋大学・電気通信大学・早稲田大学・青山学院大学

<写真の順番は順不同です。>

 卒業生6名が8クラスの教室を約10分ずつ順番に回って話をする形としました。いつもの小ホールや体育館での集合形式と違い、生徒たちは、より身近に先輩方を感じることができたようです。


2学年生徒のスピーチを聞く会を開催  引き続き4校時、「2学年生徒のスピーチを聞く会」を開催しました。これは、「2学年代表者のスピーチを聞き、来年度のスピーチコンテストへの関心を高める。」を目的として実施しました。
 本校は、県から「グローバル教育研究推進校」に指定されており、英語による「スピーチコンテスト」を毎年実施しています。その「スピーチコンテスト」に1年生のうちから興味を持ってもらおうと、12月のスピーチコンテストで優秀賞を得た3人に代表してスピーチをしてもらいました。さすが2年生の流ちょうなスピーチに1年生から大きな拍手が送られていました。その後、2年生のスピーチに対して1年生からコツなどをはじめとした質疑、そして応答がありました。そして今回1年生を代表して、先日「国際理解発表大会」において最優秀賞を受賞した生徒が流ちょうなスピーチを披露しました。最後に本校副校長が講評として、「スピーチで話す内容を持つことが大切」と、1年生たちを元気づけました。司会からすべて英語で、生徒たちの手によって会が進められました。司会の生徒たちにも、大きな拍手が送られていました。









 

Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.