2年生を対象に「労働法規基礎講座」を開催

平成31年3月14日(木)

2年生「労働法規基礎講座」を開催

 本日、2年生を対象に「労働法規基礎講座」が開催されました。
 これは、「生徒が社会に出たとき、あるいは大学等でアルバイトをするときなどに、ブラックバイトやブラック企業など不当な働かせ方をする事業所がある中で、それがおかしいと気づいたり、適正な働き方ができるよう、基本的な労働法の知識を持たせる。」を目的としています。講師は、神奈川県弁護士会から紹介いただいた横浜法律事務所所属の、藤塚雄大弁護士にお願いし、「ブラック企業脱出大作戦」というタイトルで講演をいただきました。

2年生「労働法規基礎講座」を開催  自己紹介のあと、まず、「ブラックバイト、ブラック企業あるある」として、ブラックバイト、ブラック企業とはどういうものなのかの説明があり、「長時間労働」・「パワハラ」・「残業代カット」・「辞められない」に関して、実際の例を挙げて話していただきました。
 また、それらの現実から、ノルマを達成できていない自分自身を強く責め、働いている人本人が体調を崩してしまうケースについても紹介していただきました。
 しかし、それらはすべて会社側の責任であり、自分を責めることなく、どう対処したらよいかについて、「ブラック企業から身を守るために」・「ブラック企業に入らないために」として法律的なことも含め教えていただきました。
 そして基本的な、「労働時間のルール」や「有給休暇の取り方」、さらには「会社の辞め方」や「会社を辞めさせられそうになったら」の対処法についても、根拠となる法律と共に教えていただきました。

 現在高校2年生としては、「まだまだ先のこと」と考えがちですが、「全員がいずれ関わる」との認識のもと、生徒たちは、真剣な眼差しで聞いていました。







Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.