部活動最新情報(2011年6月~8月)

女子ハンドボール部  インターハイ県予選ベスト8

 女子ハンドボール部では、「関東大会出場」を目標に1年間がんばって練習しています。
一、二年生は合わせて17人です。ゴールキーパーを中心に守りはどこにも負けない自信が持てるようになりました。怪我で出遅れていた主力選手も戻り,県新人戦に向けてチームワーク第一に全員ハンドでがんばります。今年こそは、「関東大会出場」。

7・8月の県外チームとの交流戦結果
横浜平沼 14-4 県立羽生第一(埼玉)
横浜平沼 10-7 伊那(茨城)
横浜平沼 5-9 國學院栃木(栃木)
横浜平沼 20-6 川口北(埼玉)
横浜平沼 10-2 市立浦和(埼玉)
横浜平沼 7-2 伊勢崎(群馬)
横浜平沼 3-16 浦和実業(埼玉)
横浜平沼 13-2 東海大菅生(東京)

8月24日 横浜地区秋期大会(予選リーグ)
横浜平沼 17-2 桐蔭学園
横浜平沼 15-1 横浜商大
予選リーグ 1位 9月の決勝トーナメントに進出

ハンドボール部女子の画像

陸上競技部  神奈川県陸上競技選手権大会 3位入賞
 瀧波さん(女子棒高跳・3位)

 7月2日、等々力陸上競技場で行われた、神奈川県陸上競技選手権大会で、2年生の瀧波さんが女子棒高跳で弟3位になりました。この大会は、大学生や社会人も出場する神奈川県のナンバー1を決める大会です。この大会で6位までに入賞した選手は8月末に行われる関東選手権大会に出場できるのですが、瀧波さんは別の用事で日程が重なり、残念ながら関東選手権大会には出場しませんでした。

 現在2年生6人、1年生3人の9人で活動しています。人数は少ないですが、みな高い志で、練習に取り組んでいます。いつでも見学できますので、ご希望の方は顧問の石川までお問い合わせください。

サッカー部  選手権予選に向けてがんばってます。

U-18リーグ大会
6月12日 日曜日 横浜平沼 0-5 茅ヶ崎西浜
6月18日 土曜日 横浜平沼 6-0 深沢
6月26日 日曜日 横浜平沼 0-1 柏陽相手校
7月10日 日曜日 横浜平沼 4-2 逗子B
8月28日 日曜日 横浜平沼 3-2 永谷校

≪今後の予定≫
9月23日 金曜日 11時10分~ 湘南工科大付B戦 会場:柏陽高校
9月24日 土曜日 9時30分~ 茅ヶ崎戦 会場:茅ヶ崎高校

選手権大会予選
1回戦 7月17日 日曜日 横浜平沼 1-1(延長0-0, PK3-5) 鎌倉学園

夏季合宿

 8/2(火)~5(金) 山梨県南都留郡忍野村にて 3泊4日

 選手権大会予選は、3年生が出場する最後の大会です。対戦相手は鎌倉学園でした。両チームの実力は拮抗しており、緊張感のある試合になりました。前半に先制され、後半終了間際に劇的に追いついたのですが、延長戦でもチャンスを決めきれず、PK戦で敗れました。鎌倉学園は、その後、順調に勝ち進んでブロック優勝をし、選手権大会2次予選進出を決めました。勝ち進むたびに悔しい思いがこみ上げてきました。PK戦で敗れた相手が2次予選進出なんて・・・悔し過ぎます。酷暑の中、応援に来ていただいた保護者の皆様、3年生のみなさん、応援ありがとうございました。

 U-18リーグは、6月からのロングスパンでのリーグ戦形式の大会です。3年生がいた時からリーグ戦が始まり、8月からは、新チームで戦っています。9月末にあと2試合ありますので、上位リーグ参入に向けてがんばります。

 現在、サッカー部は、3年生が引退し、2年生17人、1年生9人、マネージャー4人の30人で活動しています。3年生が引退しても、レギュラー争いは厳しく、試合に出場するのは難しい状況にありますが、部員相互の競争が好影響を及ぼしていると思われます。今後も、お互いに切磋琢磨しあい成長していければと思っています。引き続き、応援よろしくお願いします。

 集合写真は、保護者の方の提供です。ご協力ありがとうございます。

写真:サッカー部

テニス部(男子) 横浜地区テニスリーグ大会(4部リーグ)優勝

 7月17,18日に磯子高校で行われた、横浜地区テニスリーグ大会(4部リーグ)に出場し優勝することができました。横浜地区は6校ずつ12部のリーグに分かれており、毎年各部2校昇格、2校残留、2校降格になるのですが、5部リーグ、4部リーグ2年続けて優勝し昇格を決めています。日々の練習を怠ることなく努力し、今後も好成績を収めるべく部員一同練習に励んでいます。

かるた部 全国大会で活躍

第33回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会・団体戦
7月23日(土曜日)於近江神宮
《予選Hブロック》
1回戦 横浜平沼 5-0 都留(山梨)
2回戦 横浜平沼 3-2 城東(徳島)
3回戦 横浜平沼 2-3 洛南(京都)
写真:かるた部  あと1勝すれば決勝トーナメントに進めたのですが、惜しくも敗れてしまい、ベスト16という結果に終わりました。しかし、神奈川県代表がここまで勝ち進んだのは久しぶりです。部員5人という、団体戦の人数ギリギリのメンバーで、ここまでよく戦いました。

第33回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会・個人戦
7月24日(日曜日)於近江神宮、滋賀県立武道館
《B級》(2段と3段が出場します) 髙橋 あずさ 準優勝
《C級》(初段が出場します) 甘粕 亜美 3位

 B級に出場した髙橋は、決勝戦で一進一退の接戦を展開し、持ち札がお互い1枚同士(=運命戦)になりました。最後は相手側の札が読まれ、敗れましたが、見事な戦いぶりでした。C級出場の1年生、甘粕も波に乗って準決勝まで進み、3位入賞を果たしました。

第35回全国高等学校総合文化祭・福島大会・小倉百人一首かるた部門
8月4日(木曜日)~6日(土曜日)
於アピオスペース(会津若松)
髙橋 あずさ、國奥 栄里香 ベスト16

 髙橋は、神奈川チームの主将として1回戦から4回戦まですべての試合に出場しました。國奥は1回戦に出場しました。

生物部

 7月2~3日に本校で行われた平沼際に展示部門で参加しました。内容は、日常の研究活動の成果である『植虫植物』・『黴』・『翼竜』の3つのテーマについて実物を含めて展示しました。また、日頃飼育しているクサガメに今年から飼い始めたリクガメ・ドクターフィッシュも展示しました。

 夏休みは、主にカメやサカナの飼育と、野菜(カメの餌)の栽培をし、『翼竜』の模型を制作しました。

Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.