2年生を対象にした「新エネルギー教育に関する講演会」を開催

平成29年3月22日(水)

2年生「新エネルギー教育に関する講演会」を開催

 本日3・4校時、2年生を対象にした「新エネルギー教育に関する講演会」が開催されました。

 本行事は「様々なエネルギーに関する知識を学び、それにより生徒一人ひとりが地球規模のエネルギー問題を自分のこととして捉え、考えさせるきっかけをつくり、改善していこうとする態度の育成を図る。」を目的に開催され、株式会社大林組 技術研究所の大塚清敏氏を講師に「エネルギーと再生可能エネルギー」というタイトルで講演していただきました。

2年生「新エネルギー教育に関する講演会」を開催  講演では、まず、エネルギーとは何なのかについて、スライドでシミュレーションなども交えて、説明していただきました。

 このあと、地球が現在おかれている現状、特に「地球温暖化」について、具体的な図・表・写真などを用いてスライド説明していただきました。「地球温暖化」の怖さは、人類が経験したことが無いため、今後の予測が難しい点です。対策として、「多くの分野で、二酸化炭素(温室効果ガス)の発生を抑える努力をする必要がある。」と教えていただきました。キーワードは「エコ」ということで、身近なところからのエネルギーの節約を改めて認識しました。
 次に、使っても使っても尽きることのない「新エネルギー」の例として、巨大な太陽光パネルや、海上風力発電の建設現場の様子、夢の「宇宙エレベーター」の構想なども披露していただきました。

 そして、「地球の自浄作用は思ったほど大きくない。グローバルな視点で周囲を見回し、『自分の行動の結果がどう地球環境に影響を及ぼすか』を常に考えることが重要です。」と教えていただきました。
 生物が6度目の大絶滅に向かう原因が、人間の産業活動だと言われています。少しでも環境に負担をかけないために今、私たちがすぐにできること。それがエネルギーの節約 「エコ」だというお話がたいへん印象深かったです。

 大塚先生、ご講演、ありがとうございました。

Copyright © 2012 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.