平成28年度 先輩セミナーを開催

平成28年11月24日(木)

平成28年度 先輩セミナーを開催  本日6・7校時、本校の大きな特色のひとつである「先輩セミナー」を、1年生を対象として行いました。
 これは、「幅広い学習ニーズに対応する多様で柔軟な教育を展開するため、様々な分野で活躍している本校卒業生のキャリアを活用し、幅広い知識や人生観にふれる機会を提供することにより、生徒のキャリア発達を支援する。」を目的に毎年行われているものです。

 本年度の講師は、本校90期の卒業生、落語家「鈴々舎馬風」一門の「柳家小せん」として活躍されている河野重信先輩です。

 「落語の世界 解説と実演」というテーマで講演をしていただきました。まず「先輩」として高校時代の懐かしい思い出ばなし、特に吹奏楽部に入部していた話で会場が盛り上がりました。そしてふとしたきっかけで落語に興味を持ち、大学に進学してからも落語を寄席で聞き続け、その後、落語家に入門した話を披露していただきました。

 そして、落語の「解説」ということで、落語の世界の仕組みや、「前座」「二ツ目」と進み「真打ち」になって行く修業のことなど、そのときどきでの苦労話も、おもしろおかしく常に笑いを誘うように話してくださり、だんだんと河野先輩、いや柳家小せんさんの流ちょうさに引き込まれていきました。

 さらに、全体を引き込むように「実演」として、「御神酒徳利(おみきどっくり)」というおめでたい一席を披露していただきました。時間にして約50分くらいでしたが、たった一人で多くの登場人物を演じ分け、その場面がみごとに目に浮かぶようで、会場全体が、柳家小せんさんの話に引き込まれていました。


 講演後の質疑応答の場面で、「先輩のように、おもしろく話をするコツは?」と質問があり、「それがあるならオレも知りたい。」と笑いをとったあと、「聞き手の立場になってわかりやすく話すこと」と教えていただきました。生徒たちは、初めてプロの落語家の話を聴いた者が多く、語るすばらしさ、演じる面白さを直接味わった貴重な時間になったことと思います。

平成28年度 先輩セミナーを開催

 河野先輩、また真澄会の皆さま、ほんとうにありがとうございました。


Copyright © 2014 Yokohama Hiranuma High School All Rights Reserved.